不妊症の原因

ホームへ戻る > 不妊症の原因

ロックの殿堂とは?
中古一戸建て購入の注意
医学的な免疫療法
フルオーダーウェディングドレス
子供の歯列矯正のメリット

不妊症の原因はいろいろなことが挙げられます。一番多い原因としては、排卵と性交のタイミングが合わない事。こちらに関しては基礎体温を測り卵巣の状態を見ながらタイミングを見計らい性交を行うタイミング法を用いることで、自然妊娠に至る事があります。この中でも、卵管閉塞のほか、さまざまな異常が原因で排卵機能が低下している場合、男性側に性交に関する不具合がある場合は適切な治療を行います。


また、女性ホルモン分泌異常で排卵がなかったり、受精卵の着床の妨げになることも原因としてあげられます。このほかには、男性側の精子に何らかの異常があり、受精までのプロセスに至らない事なども不妊症の原因につながります。原因は一つだけであったり、複数にわたったりも考えられます。これらの不妊症の原因をしっかりと探り、的確な治療を始めることによって、妊娠に至るまでの道のりが近くなります。

女性機能・男性機能が十分でも、甲状腺ホルモンに関する疾患や、膠原病等の疾患が原因で不妊症と診断されていることもあります。これらの疾患を治療しながら妊娠に至るまでをしっかり見据える必要があります。この原因を究明することで、排卵誘発剤やhcg製剤等を注射しながらタイミング療法で不妊治療を終えられる方もいれば、体外受精・胚移植・人工授精等というような高度生殖医療に踏み切る方などに分かれます。原因を知ることで今後の不妊治療の方針をつくり出すことができるのです。