マウスピース型の目立たない矯正

ホームへ戻る > マウスピース型の目立たない矯正

審美歯科とアフターケア
インプラントとは
肌にあった色味を探そう
入れ歯と食事
リウマチの治療

マウスピースを用いた矯正は、目立たない矯正として特に女性から支持を集めています。矯正用の装置は、コンピュータによって作製されたアライナーというもので、透明なマウスピースのような形状をしています。この目立たない矯正装置を、約2週間ごとにつけ替えることで、徐々に歯並びや噛み合わせを矯正していくことができます。短期間で装置を作り変えるため、歯の動きに応じてより効果的な矯正が可能になります。


この装置の最大の利点は、なんといっても目立たない点にあります。透明なうえにしっかりと歯にフィットするため、よほど注意して見ない限り、装置をつけていることに気づかれることはありません。また、目立たない矯正であると同時に、簡単に取り外しができるという点も大きなメリットとなります。ブラッシングも装置を外せば普段どおりに行えますし、自然な食事を楽しむこともできます。また、装置自体は薄型で軽いため、装着の違和感もごく少なくて済みます。装置で歯茎や舌が傷つく恐れもありませんし、発音の邪魔になることもありません。

デメリットとしては、通院回数の多さを挙げる方が多いようです。2週間毎に装置を作り変えなくてはいけませんから、通常の治療と比較すると、どうしても通院する回数は増えてしまいます。また、症例によっては適さないケースもあり、誰もがマウスピース型の矯正をできるというわけではありません。また、装着時間が短いと効果が得られないため、うっかり付けるのを忘れたり、外したまま就寝したりしないように注意が必要です。