目的別リフォーム(二世帯住宅の種類編)

ホームへ戻る > 目的別リフォーム(二世帯住宅の種類編)

デザイナーズ住宅の賃貸
矯正歯科の歯科医
歯医者のシーラントとは
目上の人に贈る結婚祝い
目立たない矯正の基礎知識

親との同居を機に、二世帯住宅にリフォームするという人もいます。二世帯住宅のリフォームには、共有スペースがない完全分離とリビングなどの共有スペースが少しはある一部同居、同じスペースを二世帯が共有する完全同居の3パターンがあります。完全分離だとお互いに生活スタイルが守れるし、光熱費などを完全に分けることができるので気兼ねなく暮らせるというメリットもあります。しかし、二世帯分のキッチンやトイレなどの水回り設備を作らなければならないので、床面積がある程度の広さ必要となり、費用が高くつくというマイナス面もあります。


更に一部同居の場合は、どこを共有スペースにするかが問題となります。食事は世帯によって好みも食べる時間も異なるので、キッチンは分離にしたほうが気を遣わなくて済みます。一部同居だと、共有スペースがあるので他の部屋を広くすることができるし、玄関や浴室、トイレなどに手を加えなければ費用もある程度抑えることができます。しかし、浴室などを共有スペースとしたときに、ルールや使う時間帯などをある程度家族間で決めておかないと不便さを感じたり、トラブルになることもあります。

そして、完全同居の場合はプライベートな寝室以外は全て二世帯で共有するということになるので、費用がかなり抑えられるし、若夫婦に子供が生まれたり、病気の際はお互い育児や看病が助けあいやすいというのが利点です。しかし逆に、生活スタイルが異なる二世帯の家族が一つ屋根の下で衣食住を共にするのでトラブルが起きやすく、プライバシーがあまり守られない場合はストレスが溜まるというデメリットもあります。完全同居でトラブルを生まないためには、寝室以外にお互いに一息つけるミニリビングやミニキッチンを作るというのも一つの手です。二世帯が気持ちよく暮らせるためにどのようなリフォームを行えばよいかを、よく話し合って決めることが大切です。