注文住宅と住宅ローン

ホームへ戻る > 注文住宅と住宅ローン

流行のエコ賃貸
新築に建て替える際の注意点
マイホームのメリット
マイホームと資産価値
家を建てる準備と手順

注文住宅注文住宅で家を建てることが決まり、銀行などの金融機関に住宅ローンの申し込みをする前に、住宅ローンの知識を知ることは重要なことです。特に注文住宅の場合は分譲住宅や分譲マンションとは違い、金額も高額なので住宅ローンの申し込みや融資をスムーズに行いたいものです。またせっかく銀行からの融資を受けても無理な住宅ローンを組み、将来支払いに支障をきたりすることは避けたいものです。


注文住宅で家を建てる時に住宅ローンの申し込みを行う場合には、当然金融機関の審査があります。返済比率と呼ばれる住宅ローンの借主の年収に対して返済額の割合です。これは(「住宅ローンの年間返済額」+「住宅ローン以外の年間ローン返済額」)÷「税込み年収」で算出できます。この返済比率が35%以内であれば、住宅ローンの借り入れは大丈夫だと言われています。

この返済比率ともう一つ大事なのが担保掛目です。担保掛目とはこれから購入しようとする家の購入金額に対する、住宅ローンの借入れ金額との割合です。これは「住宅ローン借入希望額」÷「購入物件価格」で算出できます。例えば2700万の家を購入する場合に自己資金が300万で、残金の2400万を住宅ローンで組む場合は80%が返済比率になります。もし金融機関が全額住宅ローンの融資をしてくれる場合には、この返済比率は100%になります。もし月々の支払いが現実的に可能な場合は、この返済比率が100%でも融資を受けることもできます。この場合は頭金0です。頭金が無くても注文住宅のローンを組むことはできますが、大事なことは無理のない返済計画です。